内科診療について

一般診療

 感冒や胃腸炎などの一般診療を行っています。また、健康診断後の二次検査を行うこともあります。慶應義塾大学病院または関連病院、近隣の病院宛の紹介状発行を行うこともできますが、継続治療中ですでに主治医がいる場合には、先に主治医に相談することをお勧めしています。
インフルエンザ検査・ワクチン接種は行っておりませんので、最寄りの医療機関をご利用ください。

診断書・健康診断証明書・免疫記録証明書等の作成

 当診療所に受診した結果にて診断書発行を行います(希望者のみ)。授業を休んだ証明として診断書が必要な場合には、休んだ当日に受診していることが必要です。後日発行はできませんのでご了承ください。

 また、大学保健管理センターで受診した結果にて健康診断結果報告書の発行やkeio.jpでの閲覧ができます。就職,進学,留学,スポーツ,奨学金,入寮,医師・薬剤師・保健師・助産師・看護師国家試験,麻薬取扱等,学校生活や就業に関係する健康診断証明書作成の場合は、定期健康診断項目以外の追加検査も受け付けます。内容や項目によっては外部医療機関を紹介することもありますので、あらかじめ窓口で相談いただくことをお勧めします。

 留学等で免疫記録の証明書が必要な場合には、母子手帳や過去の免疫検査の記録が必要になります。和文・英文とも書類要綱等を窓口に持参し、事前に相談することをお勧めします。

禁煙支援外来開設のお知らせ(予約制、慶應義塾健康保険組合加入者対象)

慶應義塾診療所は、2019年7月1日、禁煙支援外来を開設します(日吉、三田および湘南藤沢の各診療所)。慶應義塾健康保険組合加入者ご本人の利用が可能です。

喫煙習慣のある方は「ニコチン依存症」に陥っている場合があります。厚生労働省は「ニコチン依存症」を病気と位置づけ、その治療に健康保険を適用できるとしています。
保険診療として禁煙支援外来を受診するには、以下5つの条件を満たし、医師がニコチン依存症の管理が必要であると認めた場合です。


禁煙支援外来(保険診療)受診の条件

  1. 直ちに禁煙しようと考えていること
  2. スクリーニングテスト(TDS)が 5 点以上で、ニコチン依存症と診断されること
  3. 35歳以上の場合、ブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上であること
  4. 禁煙治療を受けることに文書で同意すること
  5. 過去1年以内に保険診療の禁煙支援外来診療を受けていないこと

健康保険を使った禁煙治療では約12週間で5回の治療を行います。禁煙治療保険適用の条件に当てはまらない場合でも、同様の治療を希望される場合には自費で受診することも出来ます。

 

【予約・問い合わせ先】


   日吉診療所    Tel:045-566-1055
   三田診療所    Tel:03-5427-1607
   湘南藤沢診療所    Tel:0466-49-3411

医師の専門について

当診療所の医師は、それぞれ専門がありますので、ご自身の問題について専門的なご質問や相談がある場合には、診療日時の医師の専門を確認してから、受診することをお勧めいたします。

なお、専門以外の内容でも、当日の担当医師が診療を行いますのでご安心ください。

医師の専門分野(スタッフ紹介)