熱中症の予防について

高温多湿な環境では,熱中症が多発します。熱中症予防に努めましょう!!

健康情報シリーズ≪熱中症の予防(改訂版)≫はこちらをご覧ください

熱中症の応急処置こちらをご覧ください。

熱中症にならないために

 高温環境では,皮膚血管拡張による血流増加にともなう皮膚温度の上昇や,発汗およびその蒸発による気化熱として,身体からの放熱量を増すことによって体温は一定に保たれますが,熱中症はこれらの体温調節機構の不具合によって起こる身体障害です。熱中症は,正しい知識があれば確実に予防が可能ですが,万一の場合に備えて応急処置法を知っておくことも必要です。

 直射日光に当たらない屋内(体育館や教室)であっても,室内の温度,湿度が高い状態だと熱中症を発症しやすくなります。真夏以外でも,また,少し寒いとされる環境でも発生しうるものです。

日常生活でできる予防対策

日常の注意点

栄養,睡眠について,普段から注意しましょう。本格的な夏が始まる前に高温多湿の環境に慣れておくことが必要です。
急な熱い日や梅雨明けに熱中症は発生しやすくなります。暑い日が続くと,体がしだいに暑さに慣れて(暑熱順化)暑さに強くなりますが,普段から強い冷房に慣れていると体が暑さに適応しにくくなりますので注意しましょう。

体調の悪いときには,過度の運動は避けましょう。

水分と塩分の補給

高温多湿の環境では,よく脱水になります。
また,汗をかくと塩分やミネラルが失われます。
熱中症を予防するには水分補給がとても重要です。喉が渇く前から水分を摂ることが重要で,塩分やミネラル分を含んだスポーツドリンンクが良いとされています。

服装の注意

黒色の服は,太陽熱を吸収しやすいので避けましょう。
通気性のよい服は,体温の上昇を防ぎます。

適宜休憩をとりましょう

日除け

熱中症予防には,直射日光を避けることが重要です。
室内にいる場合には,ブラインド・カーテンを使用しましょう。
屋外にいる場合は,サンバイザー・帽子・日傘などを使いましょう。


【熱中症の応急処置】

 涼しい場所で、頭を低く足を高くして寝かせ、スポーツドリンクや薄い食塩水などミネラルを含んだ水分を補給します。吐き気などで水分が摂れない場合や、ふらつく、突然座り込む、応答が鈍い、言動が不自然、もうろうとしているなど、少しでも意識障害が疑われる場合には、病院へ搬送し緊急で治療を受けることが必要です。すぐに救急車を要請し、救急車到着までの間、積極的に身体を冷やします。衣服を脱がせ、水をかけたり濡れタオルをあてて扇ぎ、頸部、脇の下、足の付け根などの太い血管のある場所を氷やアイスバッグで冷却します。また血流をよくするために、手足の先から身体の中心に向かってマッサージをします。出来るだけ速く体温を下げる事が、救命率上昇につながります。また、熱中症を起こした場合は、たとえ休養や水分補給で症状が改善しても、運動は中止し慎重に経過観察することが必要です。


病院に受診したい時は以下にお問い合わせください

                          (24時間対応)

  横浜市医療情報センター        045-201-1199

  川崎市医療情報センター        044-222-1919

  東京23区内 医療情報案内      03-3212-2323

  埼玉県救急医療情報センター     048-824-4199

  藤沢市診療情報案内システム(自動応答サービス) 0466-88-6677

リンク集

環境省 熱中症予防情報サイト

環境省 かくれ脱水サイト

 暑さ指数(WBGT:湿球黒球温度)や熱中症患者速報など熱中症を予防するための関連情報を提供するサイトです。