禁煙は必ずできます
(You can always quit smoking)

  • Date:

受動喫煙と法改正

 受動喫煙(間接喫煙、他人の吸ったタバコの煙を周囲の人が吸わされること)では、火のついたタバコの先から立ち上る副流煙の吸引だけでなく、喫煙者の吐き出す息や衣服から発生するガス状成分(たばこ臭)による健康被害が問題になっています。

 2020年4月1日から、受動喫煙の対策を強化した改正健康増進法、および東京都受動喫煙防止条例が施行され、教育機関や病院は原則として敷地内禁煙となります。

禁煙を妨げるニコチン依存症

 喫煙の問題点は、健康を害することだけではなく、習慣化するとやめることが難しくなることです。これはタバコに含まれるニコチンが強い依存性を形成するためで、個人差はありますが人によっては麻薬に匹敵するほど強い依存状態になるといわれています。

 このため好奇心や大人への憧れといった軽い気持ちで始めたのに、吸えば吸うほど依存性が高まり、やがて自分の意思と関係なく喫煙行動がニコチンに支配されるようになります。禁煙が難しいのは、ニコチン依存症が原因です。

電子たばこ、加熱式たばこなら大丈夫?

 電子たばこ、加熱式たばこは、装置内もしくは専用カートリッジ内の液体を電気加熱し、発生する蒸気を吸引するたばこで、製品の9割が日本で販売されています。ニコチンが含有されていることには変わりはなく、ホルムアルデヒド、アクロレインなどの有害物質も減っていません。反対に、尿中のニコチン代謝物の量は、加熱式タバコが紙巻きタバコよりも多いという報告もあります。

 日本呼吸器学会は、電子たばこ、加熱式たばこは、喫煙者の健康被害だけでなく、喫煙者の吐き出す息に含まれるガス状成分によって周囲の受動喫煙者へ健康被害を及ぼす可能性があり、公共機関での使用は認められない、との見解を示しています。

禁煙するには

 禁煙方法にはさまざまなものがありますが、まずは禁煙に関心を持つことから始めます。喫煙による健康被害、家族への影響、喫煙による損失、禁煙による利益などを思い浮かべます。次に、喫煙関連物品を処分し、周囲に宣言して、環境を整えます。

 「タバコをやめたいけれどなかなかやめられない」場合は,ニコチン依存症が原因です。医療機関の禁煙外来で,一定の条件を満たせば誰でも健康保険を使って禁煙治療を受けることができます。以下の禁煙補助薬を使って、多くの人が禁煙に成功しています。

① 貼り薬(ニコチンパッチ)

 肌に貼るタイプの禁煙補助薬です。貼り薬に含まれたニコチンが毛細血管から吸収され、禁断症状を和らげてくれます。毎日1枚皮膚に貼り離脱症状を抑制します。

② 飲み薬(バレニクリン)

 ニコチンを一切含まず、ニコチン依存にかかわる脳内のしくみに作用して禁断症状を和らげます。うっかり再喫煙してしまっても「おいしい」と感じにくくする作用(拮抗作用)が働きます。

喫煙率0%、Healthy University Keio 2020をめざして

 慶應義塾でも2003年4月からキャンパス内の分煙・歩行禁煙化が始まり、2004年1月大学病院内禁煙化、2006年12月信濃町キャンパス敷地内禁煙化、2009年12月芝共立キャンパス敷地内禁煙化と対策が進んできました。

 保健管理センターでは、2001年10月から医師や保健師による禁煙支援、相談に取り組んできました。2019年7月からは、慶應義塾診療所(日吉,三田,湘南藤沢)において、保険適用で禁煙支援外来を受診することができます。禁煙補助薬の処方、呼気一酸化炭素の測定を行います。喫煙率0%をめざして、今後も支援に取り組んでまいります。



(慶應義塾大学保健管理センター 森 正明・當仲 香 )