成人の肥満や「やせ」について
(Obesity and the Lean in Adults)

  • Date:

【肥満や「やせ」の判定と原因】

肥満とは、体の脂肪(体脂肪)が正常範囲を超えて蓄積した状態をいいます。この肥満または「やせ」の判定法として、高校生以上では体格指数(Body mass index、略してBMI)が国際的にもよく使われています。これは、体重 (kg)を身長 (m)の2乗で割ったもので、男女とも22.0が標準とされています。これに対して、肥満度は身長ごとの標準体重からどれだけ増加または減少しているのかを示すもので、[実測体重 (kg) - 標準体重 (kg)] ÷ 標準体重 (kg) × 100(%)で計算します。

世界保健機関(WHO)も日本肥満学会も、BMI 18.5 kg/m2未満を「やせ(lean)」と定義しています。肥満(obese)に関しては、世界的にはBMI 30.0 kg/m2以上ですが、日本ではBMI 25.0 kg/m2以上で糖尿病や高血圧、脂質異常症などが増えるので、1度の肥満として注意を喚起しています

肥満は、遺伝や過食・偏食などの食習慣、運動不足、ホルモン異常などによって起こります。また、「やせ」の原因としては、甲状腺機能亢進症のようなホルモン異常の他、神経性食欲不振症(いわゆる拒食症)などにより起こります。

【肥満や「やせ」を放置すると】

肥満は、糖尿病や高血圧、脂質異常症といった種々の成人病(生活習慣病)や、心筋梗塞・脳梗塞などの動脈硬化症の危険因子であり、社会的・医療経済的にも大きな問題です。さらに、高度肥満者では、関節の障害の他、睡眠時無呼吸症候群や月経異常などの障害も起こります。

拒食症や極端なダイエットから生じる「やせ」も、骨がもろくなったり(骨粗鬆症)、種々のホルモン異常、女性では無月経などにつながるので、注意が必要です。

【肥満や「やせ」の予防や早期発見のために】

肥満は、摂取エネルギーに比べ消費エネルギーが少ないことにより起こります。つまり、その予防には、食事からの摂取エネルギー量を適正にして、有酸素運動(ウォ-キングやジョギング、水泳など)により消費エネルギー量を増やすことが中心になります。

定期的に体重を測定することは、自分の体重に関心を持ち、各種生活習慣病の危険因子である肥満を予防するためにも、また「やせ過ぎ」などを早期に発見するためにも大切です。最近、いろいろな病気で、薬を使わない治療(非薬物療法)が重要視されており、その意味でも体重のコントロールは大変重要です。

【まとめ】

(1) 肥満または「やせ」の弊害を予防するために、体重のコントロールは大変重要です。 

(2) 日ごろから食事内容や運動習慣などに気をつけ、自分の体重を把握しておくことが大切です。



(慶應義塾大学保健管理センター 広瀬 寛 )