境界型糖尿病
(Prediabetes)

  • Date:

【境界型糖尿病とは】

「境界型糖尿病」は、「糖尿病」と診断されるほどの高血糖ではないものの、血糖値が正常より高い状態にあることを指し、HbA1c 6.5%未満で、1)空腹時血糖が110 mg/dl以上126 mg/dl未満、2)75g経口ブドウ糖負荷試験2時間の血糖値が140 mg/dl以上200 mg/dl未満、のいずれかを満たす人が該当します。それより低い空腹時血糖100 mg/dl以上110 mg/dl未満の人は「正常高値」と判定されます。「境界型糖尿病」および「正常高値」の人たちは、正常者に比べ「糖尿病」を発症するリスクが非常に高く、いわゆる糖尿病予備軍に該当します。

【境界型糖尿病でも動脈硬化や合併症は進行します】

「境界型糖尿病」では自覚症状はありませんが、既に血糖値を下げるホルモンであるインスリンが出にくくなったり、効きづらくなったりする変化が起きています。両親から引き継いだ体質や、肥満や食べ過ぎ、運動不足などの生活習慣、加齢などにより、インスリンの作用は低下します。また、糖尿病に特有の合併症である、網膜症、神経障害、腎機能障害も少しずつ進行するとも言われています。さらに、高血圧や脂質異常症なども併発しやすくなり、全体として、血糖値が正常な状態に比べ、動脈硬化の進行は加速されます。動脈硬化が進行すると、心筋梗塞や脳梗塞などの重篤な疾患が引き起こされる危険性が高くなります。

【境界型糖尿病の予防と対策】

「境界型糖尿病」の人は、睡眠、食事、運動、喫煙、飲酒などの生活習慣を見直し、肥満や高血圧、ストレスなどに対する健康管理に取り組むことで、「糖尿病」へ進行するリスクを減らすことができます。健康状態の確認のため、定期的に健康診断を受けることも大切です。また、「境界型糖尿病」の人と、「正常高値」かつ高血圧・脂質異常症・肥満がある人は、経口ブドウ糖負荷試験により血糖およびインスリンの値がどのように変化するかを評価することが望ましいとされています。健康診断で「境界型糖尿病」を指摘されたら、次の健診まで待たずに、まずは具体的な取り組み方法について医師や保健師にご相談ください。



(慶應義塾大学保健管理センター 後藤 伸子  )