高尿酸血症
(Hyperuricemia)

  • Date:

【高尿酸血症とは】

 高尿酸血症とは、血液中の尿酸(Uric Acid; UA)が高値を示している状態のことをいいます。尿酸の値が7.0mg/dl以上になると高尿酸血症と診断されます。

 尿酸は、細胞核内に存在するDNA(デオキシリボ核酸)やRNA(リボ核酸)などの構成成分であるプリン体が体内で代謝されることによってできた最終代謝産物(老廃物)です。体内のプリン体だけでなく、食事で摂取されたプリン体も体内で代謝され、尿酸が産生されます。尿酸の約80%は腎臓から尿として排泄され、残りの約20%は便や汗など腎臓以外から排泄されます。この産生と排泄のバランスが重要で、産生が増加したり、排泄が低下したりすることで高尿酸血症を来します。

【高尿酸血症は痛風、腎尿路結石の原因となります】

 高尿酸血症が続くと、様々な健康障害を引き起こします。代表的なものを以下に挙げます。

 ① 痛風

 痛風とは「風が吹くだけで痛い」と表されるほどの激しい痛みを伴う関節炎です。治療の有無にかかわらず、数日~数週間で症状は徐々に治まります。足の第1趾の付け根に発症することが多いですが、他にも踵やくるぶし、足首の関節、肘や手指の関節などにも起こる可能性があります。男性に多く、女性には少ない疾患です。体内で尿酸値が高い状態が続くと、体内で尿酸が結晶化し、関節の中に沈着、さらには剥がれ落ちて関節内を浮遊することで、痛風発作を起こします。

② 腎尿路結石

 尿酸の高い状態では、腎臓から尿酸が排泄される過程において、尿中に溶けきれなくなった尿酸結晶が蓄積し、結石が生成されます。無症状の場合もありますが、結石が動いて、腎尿路を傷つけると、血尿や激しい痛みが出現します。

③ その他

高尿酸血症は糖尿病、脂質異常症、高血圧症などの合併症がみられることが多く、それらの生活習慣病は放置すると血管の動脈硬化を促進させます。動脈硬化の進行は脳血管障害、心血管障害を引き起こす原因となります。

【高尿酸血症の予防・治療】

 痛みを伴う痛風、腎尿路結石のほか、命に係わる重大な疾患の危険因子にもなりうるため、尿酸値を適切な値に保つことが健康維持のためには欠かせません。 

 具体的には、プリン体を多く含む食品やアルコールの摂取を控え、バランスのよい食事を摂ることが大切です。アルコール飲料はプリン体を多く含むだけでなく、腎臓からの尿酸の排泄を低下させる作用もあるため注意が必要です。運動も非常に大切な生活習慣の一つですが、無酸素運動は尿酸を多く産生してしまうため逆効果となります。有酸素運動を毎日20分程度継続して行うことが理想的です。

 脱水は尿酸の上昇を招く一因となりますので、特に今年のように暑い夏の時期は、水分を積極的にとるように心掛けましょう。

 食事改善や運動励行によっても改善が見られない場合には、内服治療が必要となります。

健康診断で尿酸の項目が高値である場合には、無症状であっても安心せず、医師の面接を受け、生活改善を計ることをお勧めします。



(慶應義塾大学保健管理センター 武田彩乃 )