高尿酸血症・痛風について

  • Date:

高尿酸血症・痛風とは

血液中の尿酸値が7mg/dlを超えると高尿酸血症と診断されます。血中尿酸値は男性が女性より高いので,以前は基準値の上限に男女差を設けており,男性7.7mg/dl前後,女性は6.0mg/dl程度でしたが,現在は男女共に,体内で尿酸が結晶化する濃度である7mg/dlを上限としています。

尿酸は,細胞の核などに含まれているプリン体という物質が代謝されて作られ,尿に排泄されます。プリン体は体内で作られますが,食物にも含まれています。尿酸の産生が多い場合,尿への排泄が低下した場合,または両者の場合に,高尿酸血症を起こします。

関節内で尿酸が結晶化して炎症を起こすと,激しい痛みを伴う関節炎発作(痛風発作)を起こします。足の親指の付け根が多いですが,他の部位にも起こります。高尿酸血症が続くと,痛風発作を繰り返しますが,それ以外に尿路結石,腎障害,さらに心筋梗塞や脳卒中などの動脈硬化性疾患などを起こしやすくなることが知られています。

痛風患者の若年化

痛風患者は増加傾向にあります。本来,中高年に多い病気でしたが,発症年齢が低下してきており,最近は20~30代の若い年代の患者が増加しています。 発症年齢のピークは,以前は50代でしたが,最近は30代になっています。

高尿酸血症と遺伝性素因・環境要因

①遺伝性素因:痛風は男性に多い病気です。家族に痛風患者がいると,発症しやすいと いわれています。

②環境要因(生活習慣):カロリーのとりすぎや肥満,プリン体の多い食品,アルコールのとりすぎ等の組み合わせで起こってきます。高尿酸血症が肥満,脂質異常症,糖代謝異常,高血圧,メタボリックシンドロームなどの動脈硬化危険因子と高率に合併することが知られています。その他,ストレス,脱水,無酸素運動(筋力トレーニング,短距離走など)も尿酸値を上昇させます。

③他の疾患に合併する場合:尿酸の排泄が悪くなる腎不全や,産生が増加する白血病などの血液疾患で起こります。

高尿酸血症の予防と治療

①高尿酸血症・痛風発作の予防

尿酸値を正常に保つためには,生活習慣の改善が重要です。食生活の改善,適度な運動,ストレスに対する対処などが中心となります。 食生活では,食べすぎに注意し,肥満の場合は減量します。ただし,極端なダイエットや絶食は尿酸が上昇する場合があります。アルコールはすべて尿酸値を上昇させます。特にビールにはプリン体が多く含まれています。尿をアルカリ化すると尿酸が溶けやすくなるので,排泄がよくなると同時に尿路結石の予防にも役立ちます。尿を酸性化する動物性たんぱくを控え,アルカリ化する海草,野菜などを積極的にとりましょう。水分を多く取ることも大切です。痛風発作の予防のために,プリン体の多い食品のとりすぎにも注意します。プリン体は動物の内臓などに多く含まれています。 運動は,生活習慣病の予防,肥満の解消などにも効果があるのでウォーキングなどの有酸素運動を中心に,できるだけ毎日行うようにします。過度の運動や無酸素運動は尿酸を上昇させ,痛風発作を誘発することがあります。ストレスは解消するようにしましょう。

②高尿酸血症の薬物治療

他の生活習慣病,尿路結石,虚血性心疾患などの合併症がある場合には尿酸値が8mg/dl程度から,合併症がない場合でも9mg/dl程度から薬物治療を行います。痛風発作を繰り返す場合には,尿酸値に関わらず薬物治療を行います。尿酸を下げる薬剤には,尿酸合成阻害薬,尿酸排泄促進薬などの種類があります。尿酸値が大きく変化すると痛風発作が起こりやすくなるので,痛風発作の最中には,このような薬剤は新たに開始できません。治療は,自己判断で勝手に中断したり再開したりしないようにしてください。



(慶應義塾大学保健管理センター 辻岡 三南子)