糖尿病について

  • Date:

糖尿病とは

糖尿病とは、血液中の糖(血糖)が慢性的に高い状態をいいます。  食品に含まれる糖質は体内でブドウ糖に変えられ、血液中を通って体のエネルギー源として運ばれます。食事によって血糖が上昇すると、膵臓から「インスリン」というホルモンが出て、血糖を下げる働きをします。インスリンの効果が悪くなり、ブドウ糖が慢性的に血液中にあふれてしまった状態のことを「糖尿病」といいます。  糖尿病には、自己免疫のせいで膵臓のインスリン分泌細胞が破壊されてしまう「1型糖尿病」と、遺伝的要素に加えて肥満、過食、運動不足、ストレスなどが誘因となって発症する「2型糖尿病」があります。2型糖尿病は、日本人の糖尿病患者の9割以上を占めます。

糖尿病の診断と治療

糖尿病かどうかは、「空腹時血糖値」、「ブドウ糖負荷試験2時間値(食後血糖値)」等で判断します。空腹時血糖値 126 mg/dl以上(正常は110未満)または食後血糖値 200 mg/dl以上(正常は140未満)が2回以上観察された場合、糖尿病と診断されます。また、血糖値の他に、「HbA1C(ヘモグロビン エーワンシー)」という検査値も、過去1~2ヶ月間の血糖コントロールの平均を表すので、重要な指標です。5.6%以上で糖尿病予備軍が、また6.1%以上で糖尿病が疑われ、6.5%以上だと明らかな糖尿病と考えられています。  糖尿病は慢性の病気であり、一度発症すると一生付き合っていかなくてはいけないことが多いのですが、肥満型で初期や軽度の糖尿病は、肥満を改善すると直る場合も結構あります。治療には、食事・運動療法で血糖値に改善が見られない場合は、並行して内服治療やインスリン注射も必要になります。

怖い糖尿病の合併症

糖尿病の自覚症状は、初期のうちはほとんど見られません。よく言われている「疲れやすい」、「尿の量や回数が多い」、「急に体重が減る」、「のどが渇く」といった症状が現れるのは、糖尿病がかなり進行してからです。

また、高血糖を長年放置していると、小さな血管に障害を起こします。特に、神経・眼の網膜・腎臓の血管に障害が起きやすく、以下のような症状が出ることがあり、糖尿病の「三大合併症」と呼ばれています。

  1. 神経障害、しびれ、自律神経障害、痛覚麻痺による小さなケガの悪化→壊死⇒四肢切断の事態にもなります。
  2. 網膜症:眼底にある網膜の血管がもろくなり、初期には小さな出血や血管の変化が現れ、進行すると失明の危険もあります。
  3. 腎症:腎臓の血管が障害され、蛋白尿→腎機能低下⇒腎不全まで悪化すると人工透析が必要となります。

また、全身の太い血管も障害されるので、糖尿病のない人に比べて動脈硬化が進行しやすく、脳梗塞や心臓病に至る恐れが高くなります。自覚症状に乏しく、怖い合併症が待っている病気だからこそ、初期のうちに糖尿病を発見し、血糖値をコントロールするための生活習慣が大切です。

糖尿病の予防、進行予防

糖尿病自体や合併症の進行を予防するには、

  • 肥満を解消し、標準体重(㎏)=【身長(m) x 身長(m) x 22】の維持をめざしましょう。ただし、あまり急激なダイエットはかえって逆効果になりますので、少しずつ(一ヵ月に1~2 kg減 程度を目標に)始めましょう。
  • 食べ過ぎや飲み過ぎを避け、バランスのよい食生活を心がけましょう。
  • ウォーキングなど、適度で続けやすい運動習慣を身につけましょう。
  • ストレスをためないように、運動や趣味などで気分転換をすることは重要です。
  • タバコは動脈硬化を促進してしまうので、ぜひ禁煙を。
  • アルコールは高カロリーなので控えめに。コントロールのいい人でも、ビール中瓶1本/日程度、週に2日は休肝日を持ちましょう。

今までに一度でも血糖値が高いという指摘を受けたことのある方は、生活習慣の改善に取り組むとともに、定期的に医療機関を受診し、経過に注意してください。



(慶應義塾大学保健管理センター 広瀬 寛)