脂質異常症(高脂血症)

  • Date:

血液中の脂質であるLDL-コレステロール(LDL-C)や中性脂肪(トリグリセライド:TG)のいずれかが高い場合や、HDL-コレステロール(HDL-C)が低い場合に、脂質異常症と診断されます。従来、高脂血症と呼ばれていましたが、低HDL-C血症を含む表現として適切ではないことなどから、2007年から脂質異常症という名称が使用されるようになりました(動脈硬化性疾患予防ガイドライン2007年版)。

脂質異常症は一般的には無症状ですが、動脈硬化を悪化させるので、心筋梗塞や脳梗塞などのような重大な病気を予防するためには、定期的な検査ときちんとした管理を行うことが大切です。


脂質異常症の基準値と管理目標値(動脈硬化性疾患予防ガイドライン2007年版)

以下のいずれかがあれば、脂質異常症と診断されます。

高LDL-C血症 140mg/dl以上
低HDL-C血症 40 mg/dl未満
高中性脂肪(TG)血症 150 mg/dl以上

管理・治療の目標値は、HDL-C40 mg/dl以上、TG150 mg/dl未満ですが、LDL-Cについては、動脈硬化のリスクで変化し、リスクが高いほど、厳しい管理が必要です。動脈硬化の主要な危険因子は年齢(男性45歳以上、女性55歳以上)、高血圧、高血糖、喫煙、狭心症や心筋梗塞の家族歴、低HDL-C血症で、これらの重複によって分類します。危険因子のない人は160mg/dl未満、1~2個は140mg/dl未満、3個以上では120mg/dl未満を目標とします。また、糖尿病、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症があれば120mg/dl未満、狭心症や心筋梗塞の既往があれば100mg/dl未満です。

脂質異常症とメタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームは内臓脂肪蓄積(腹囲で代用)を基盤として、脂質、血圧、血糖のうち2つ以上の項目で異常を示した場合に診断されます。それぞれの異常は軽くても、重複すると動脈硬化性疾患のリスクが高いということが特徴です。メタボリックシンドロームの脂質代謝異常の診断基準には低HDL-C血症、高TG血症の2項目が含まれます。除かれた高LDL-C血症は単独で動脈硬化の重大な危険因子なので、同じく重大な危険因子であるメタボリックシンドロームとは並列に扱うべきものであると考えられています。

脂質異常症と運動(身体活動)

定期的な運動(ウォーキングなどの有酸素運動)や生活の中での身体活動量の増加により、HDL-Cは上昇し、TGは減少します。LDL-Cに関しては、メタボリックシンドロームや肥満で減量を伴う場合には減りますが、一般には、運動療法のみではあまり改善しません。

メタボリックシンドロームの脂質異常に対しては、内臓脂肪を減少させることが必要です。内臓脂肪は、皮下脂肪に比べて、わずかな減量でも減りやすいので、食事療法や運動療法によって、体重の5~10%程度の減量を行えば効果がみられるといわれています。運動(身体活動)は血圧、血糖の改善効果もあるので行うべきですが、運動だけで減量するためには長時間行い、可能ならば強い運動を加える必要があります。

脂質異常症と食事・嗜好品

1.高LDL-C血症
  1. 適正なエネルギー摂取(目安は標準体重×25~30kcal/日)
  2. 栄養のバランスに注意(脂肪からとるエネルギーは全体の20~25%未満)、ダイエットで主食を制限してバランスをくずすこともあるので注意
  3. 飽和脂肪酸(乳製品、魚を除く動物性脂肪、市販の菓子など)やコレステロール(動物性脂肪、乳脂肪、卵黄、内臓などに多い)の制限
  4. その他:食物繊維(海草など)の摂取。抗酸化作用のある物質の摂取(ビタミンC,E、など)など
2.高TG血症
  1. 適正なエネルギー摂取による肥満の是正、特に糖質エネルギー(主食、菓子など)の制限
  2. アルコールの制限
3.その他

喫煙はHDL-Cを低下させます。心血管系疾患のリスクを高めるので、禁煙しましょう。



(慶應義塾大学保健管理センター 辻岡 三南子)